2017-04

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あの日のこと… - 2012.02.11 Sat

2月11日<建国記念の日>で今日は祝日だったのか~
土曜日なのに管理人さんお休みなのかな???(土曜日は午前中勤務の管理人さん)と思っていました…ボケボケ
今日は朝から青空で気持ちのいいお散歩でした
空を見ながらあの日から11ヵ月…来月には1年が経とうとしているんだと…

120211_0907+01_convert_20120211101303.jpg

震災後電気が復旧してこの記事⇒3/14の更新をアップしその後チョコチョコ経過などをアップしましたが、震災の時何をしていたのかなどはまだ記事には残していなかったですね

2011年3月11日(金)

いつものようにお昼前に実家へ行き、昼食を食べ、テリーをじぃちゃんに・ばぁちゃんにお願いして(テリーは遊び相手なので~)仕事に行きました
仕事はPM1:00から少々大きな店舗で働いていました
普段通りに仕事をはじめました

逕サ蜒・007_convert_20110314162107

お店のいちばん奥の売り場にいた時カタカタ…と揺れはじめ、地震だと思った瞬間には揺れは大きくなり始めました
揺れがどんどん大きくなる中入り口に向かい逃げました
働いているいる店舗は1階建でしかも地盤はしっかりしたところにありますが、走るどころかゆっくり歩くくらいが精一杯でした
途中恐怖にしゃがみこんでいるお客さんなどと手を取り合い外に出ました
外に出ると揺れはますます大きくなりお店の中では電気がパチパチとショートし、大きな自動ドアが停電になって動かないはずなのに勝手に開いたり閉じたりしていました
すぐ近くの大型スーパーからは悲鳴が聞こえ、近所の消防署からは救急車や消防車が次々と出動して行きました
空にはどんどん雪雲がちこめてきてパラパラと雪も降ってきました
本震が終わっても次から次と余震が続き外の駐車場に1時間以上いたと思います
幼稚園生の子と2歳くらいの子とお母さんそれにチワワを連れたお客様の側で励ましながらそして震えるチワワちゃんを抱っこし『だいじょぷだよ』と声をかけていました
こうしている間にも警備員さんの非常用ラジオから津波がきたと言う情報が流れていました
でもその時は今自分のいる現状に精一杯で津波でどんなに大変な状況になっているのかという事は考えられませんでした
お客さんもひとりで帰れる方は帰って、帰れない方は社員が送って行き、私達も帰宅するようにと指示がでました
職場から実家までは車で5分ほどですが、片側2車線のバイパスを渡ります
信号が点いていませんでした
道路は渋滞しバイパスを渡るのにしばらくかかりました
実家のある住宅地は30年ほど前の宮城県沖地震の前に建った家がほとんどです
宮城県沖地震の時の被害はほとんどないと記憶していましたが、今回はいたるところでブロック塀が崩れていたり、壁にヒビが入っていたりする家がありました
実家に着くとじぃちゃんもばぁちゃんもテリーもみんな無事で近所の人達と外に出ていました
実家も特に大きな被害もありませんでした
じぃちゃんは地震の時いの一番にサークルに入れていたテリーの救助に向かい外に逃げてくれたようです
それから2~3時間でご主人さまも私の実家へ到着しみんな揃いました
私とテリーは絶対実家にいると思い会社から直行で実家に来てくれたようです

あの時の事を思い出すと今でも心臓がどきどきします
まして津波の被害にあった方などはもっともっともっと考えられないほどの恐怖だったんだと思います

震災の直後は興味本位で被災地に行ってはいけない、見に行くなんて…と思ってました
でもやはり同じ宮城県に住む者として見ておくのも大事なのではないかと思うようになり、先月南三陸町へ行きました
山の方から川沿いに町の中心地へ向かいました
まだ海の見えない辺りから津波の痕跡がありました
驚きました

ココは町の中心地だと思います
この写真を撮ったもっともっと後方に消防署がありましたが、3階くらいまでめちゃくちゃになっていました

逕サ蜒・2690164_convert_20120211101429

この光景テレビや新聞で目にしていたのですが、実際その場へ行って自分の目で見るたこの光景はまったく違うものでした

逕サ蜒・2690172_convert_20120211101511

今までいろいろな人から津波がきた時の事、その後の事など聞いていてそうなんだ…津波で本当に大変な事が起こったんだと解ったように思っていましたが、そんな事では到底済まされない
ことばや写真、映像では表せない、伝えられないその場にいた人にしか解らないんだと思いました

逕サ蜒・2690169_convert_20120211101650

車からは降りれませんでした…

海の目の前の広くて美しかったであろう公園は今はすべて瓦礫置き場となっていました

逕サ蜒・2690174_convert_20120211101735

この公園の前の辺りに遠い親戚の家があったそうなんですがもちろん跡形もなく、親戚の方も行方不明のままです…
一昨年の秋にその方と会った時、いつも実家に南三陸のかばぼこを送ってくれていたので私が『いつも美味しいかまぼこありがとうございます』と言ったら『景気hが良くなったらトラックで1台かまぼこ送るよ~』って交わしました
そのかまぼこやさん【及善かまぼこ】ももちろん津波ですべて流されしまったようです
もうあのかまぼこも食べられないのか…と思っていましたが、新しい場所で工場を復活し、またかまぼこを食べられるようになったのです
年末ネットで購入しました
とっても美味しかったです

そしてマルシェじゃぽん仙台でも販売されている聞いたので明日テリーと行ってみようと思います
他にも気仙沼パンのお店も出店しているようです

明日も明後日もルンルンお散歩できますように~♪

120211_0907+02_convert_20120211101325.jpg








スポンサーサイト

● COMMENT ●

う~ん まだまだ街並みの状況は変わってないところも多いんですねl
私のブログに読者登録を3/10にしてくれた
南三陸のお寿司屋さんのブログがその日から
更新されておらず、とても気になってます。

寺岡の方は復興しているようですが、
海側はまだまだ厳しい状況ですねぇ

はや、11ヶ月・・時だけが流れているんですね

もう11ヶ月…まだ11ヶ月ですね~
何度も読んで何度も言葉が詰まって…
あの時のテリリンさんの不安な気持ちを考えると…
実家に預けてたとはいえ、テリーくんと離れた状態で
過ごした時間は長かったと思います。
私もTVを一日中祈るような気持ちで見てました。

今もこうしてテリリンさんと言葉が交せることが素直にうれしいです。

みんながいつまでも忘れずに
応援し続けるってことが大事ですね。

時間の流れだけはいつものように
あるいは、いつもよりも速いかのように感じます
日常のありがたさを
確かに、感じたあの日
まだまだ、非日常の中にいる方々がいること
忘れてはいけませんね

テリリンさん、こんばんは
テリリンさんの記事を読んでいて
私もあの日のことを思い出していました

あの日、被災地では
各々の方が それぞれその人にしかわからない
恐怖の時間をおくっていましたよね・・・
私もCOCOと連絡のとれないパパが帰ってくるのを
何時間も震えながら待っていました

余震も続いているし、
テレビでは目を覆いたくなるような様子が
放送されていて
COCOをぎゅっと抱きしめていたのを
憶えています

私は未だに被害の多かった場所に
足を運ぶことができません
放射能も高いでしょうしね・・・

今、こうして元気で暮らせていることが
本当に幸せなことなんだなって
テリリンさんの記事を読んで
改めて思いました

こんな穏やかな日がずっと続きますように。

先日志村動物園の番組内で災害後に生まれて
野生犬として育った犬が8ヶ月で保護され、
人間を怖がってブルブル震えて餌も水さえも口にしないワンちゃんの事を放映していました。
まだまだ災害の傷跡は大きいですね。
テリー君もテリリンさんもそう考えると幸運だったと思います。
体験した恐怖を感じさせないテリー君に感謝ですね。

昨年7月我が家も火事にあう恐怖を体験しました。
今は皆命あって幸運だったと思います。
亡くなった方のご冥福をお祈りすると共に、
何時までも感謝を忘れてはいけませんね。

震災からもうじき1年・・・本当にあっという間の月日の流れです。
震災からしばらくは、ガソリンがなくなるのが怖くて車に乗れず、仕事には自転車でリュックをしょって行ってました。
信号のついてないバイパスの横断は、車でも自転車でも怖かった。
仕事に行けば、昼食は炊き出しをしてくれてご飯が食べれてさ・・・。ありがたかったなぁ~。
旦那の車のテレビで見た震災の映像が信じられず、世の中がパニクッてて何かすぐに理解ができなかった。
今でもわすれられない・・・薄暗い部屋で聞いてたラジオから聞こえてきた音声。「仙台市の荒浜地区では2、300人の遺体があるもようです。」
電気が復旧するまで、毎日の新聞の写真がショッキングで怖かった。

私もテリリンさんも、ライフラインが止まったくらいだけの地域だけど、本当に普通の大切さを実感したよね。


管理者にだけ表示を許可する

ア・リ・ガ・ト «  | BLOG TOP |  » わんコレ

2008年6月12日生まれ

プロフィール

テリリン

Author:テリリン
「キャバリア・テリーの日記」へようこそ!!
内弁慶な男の子
キャバリア キング チャールズ スパニエル・テリーの日常です

テリー…キャバリア・♂・8歳
テリリン…のんびりマイペースのO型
ご主人様…お仕事に忙しいやはりマイペースのO型

パピーの頃のブログは…
http://tellytelly.seesaa.net/

テリーを迎えて…

月別アーカイブ

最新コメント

フリーエリア

365カレンダー

みんなのわんこ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

カウンター

にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。